男の楽園 女の地獄

どちらかと言えば女性向け?官能小説

UP

茉莉は茉莉なりに考えていた。

いつまでも「ひこきもり」のような生活はいかない・・

でも、外に出るのは恐ろしい・・

が、正直な茉莉の身体の反応だった・・

O嬢の物語」のようだわ・・茉莉はつぶやく

Ō嬢は恋人の命令で娼館で過ごし・・出るときに指輪を渡される・・

この指輪と同じものをしている人間にあったら・・

「黙って従うように」と言われて・・

つまり、娼館から出ても自由になれなかったわけだ

なんだか、私みたい・・

という茉莉の感想は間違ってないだろう・・

実際、あのホテルの会員は茉莉を奴隷として扱うのだから・・

そして、一生 ここに隠れてるの・・?

緒方は何も言わないだろう

だまって 引き受けてくれるだろうけれど・・

茉莉には答えが出なかった・・

私は・・どうしたらいいのか・・?

答えのない問いにぐるぐるする

が、変化をもたらしたのは緒方だった・・