男の楽園 女の地獄

どちらかと言えば女性向け?官能小説

信頼

緒方は、食堂へはとりあえず「茉莉が落ち着いてから」と連絡し向こうも事情を考慮して「私たちも心配してますから 元気になったら連絡もらえればうれしいです」

と優しかった。

結局、茉莉は一晩入院し、緒方に抱かれて戻ってきた。

茉莉らしく、すでに緒方家の使用人の心をつかんでいる彼女は、緒方がだきあげて部屋へ連れていくのを心配そうに見守った。

それからの茉莉は情緒不安定で、緒方にそばにいてほしいと懇願することが多くなった。

緒方とて、それは嬉しい。が、男でもある。

今の茉莉に何もしていけないことはわかっているが、茉莉の望むまま 夜は抱いて一緒に寝てほしい・・と哀願する。

見捨てておけないが、緒方にとっても試練だった。

「一人」が恐怖なのだろうと察しはつく・・

茉莉・・

お前は私の罪にまだ 罰を与えるのか・・?

アヴェ・マリア・・

君の願いなら何でもしよう・・

それは私を救うことでもあるのだから・・